本文へ移動

分譲住宅事業

5月10日(金)から12日(日)☆モデルハウスオープンイベント開催☆

☆抽選会☆生活家電・イケアグッズ・QUOカード1万円分など豪華景品盛りだくさん!

YouTubeでも紹介しています!

↑【ライツシティ日野】イベント告知動画
分譲住宅事業
分譲住宅事業
分譲住宅事業
分譲住宅事業
分譲住宅事業
分譲住宅事業
分譲住宅事業
分譲住宅事業

分譲住宅における「融合」と「創造」

分譲住宅では、土地(立地)の魅力と、住宅そのものの魅力を「融合」させる必要があります。ライツ不動産は土地のプロフェッショナルであり、実は住宅建築についてもプロフェッショナルです。「土地」と「住宅」を「融合・創造」することで、立地も、住宅デザイン等にも優れた分譲住宅をご提案しています。
住宅設計において、下記の「6大要素」と「土地(立地)」は重要です。
どの要素も欠かすことなく、6大要素を「融合」させるため「創造」しなければなりません。
特にデザイン性能は欠かせない要素です。

住宅設計には、以下のような要素が含まれます。
1.機能性

住宅は快適な生活を送るための場所であるため、機能性が重要です。
部屋の配置やスペースの使い方を考慮し、日常生活の動線や必要な設備に配慮することが必要です。

2.快適性

住宅は居住者の快適さを追求する場所であるべきです。断熱性能や換気設備、適切な照明や自然光の取り入れ方など、快適な居住環境を作るための要素を考慮することが重要です。

3.環境への配慮

環境への配慮は現代の住宅設計においてますます重要になっています。省エネルギー設計や再生可能エネルギーの活用、廃棄物の削減など、環境への負荷を最小限に抑えるための取り組みが求められます。

4.安全性

住宅は居住者の安全を保障する場所であるべきです。地震や火災などの災害に備えた構造や設備、安全な素材の選択など、安全性を確保するための対策が必要です。

5.デザイン

住宅は居住者の個性や好みを反映する場所でもあります。
美しいデザインや調和の取れた色彩、素材の選択など、住宅の外観や内装にもこだわりが必要です。

6.持続可能性

持続可能性は、将来の世代にも良い影響を与えるために重要です。
再生可能エネルギーの活用、リサイクル可能な素材の使用、持続可能なライフスタイルをサポートする設備の導入など、環境への配慮を含めた持続可能な設計が求められます。
これら住宅設計の6大要素と土地(立地)を「融合」させ「創造」して生み出された弊社の分譲住宅の一部を写真と共にコンセプトを記しています。

分譲住宅外観について(ライツ不動産実績写真)

分譲住宅外観
夜間の外観は重要な要素です。適切な照明を取り入れることで、建物の特徴や美しさを引き立たせることができます。外壁や庭の照明、玄関の明かりなどを工夫してください。
分譲住宅外観
外観のデザインは一貫性があることが重要です。建物全体が統一感のあるデザインでまとまっていると、美しい印象を与えます。建物のスタイルやテーマを決めることで、デザインの一貫性を保つことができます。
分譲住宅外観
建物は周囲の環境と調和していることが望ましいです。自然環境や近隣の建物とのバランスを考慮し、建物が違和感なくなじむようにしましょう。地域の景観や建築規制にも配慮することが重要です。
分譲住宅外観
窓は外観において重要な要素です。適切なサイズと配置で設計することで、建物のバランスがとれ、魅力的な外観を実現できます。景色やプライバシーも考慮して、窓の位置を決定しましょう。
分譲住宅外観
 建物の外観には、使用する素材や質感も重要な役割を果たします。木材、石、レンガ、サイディングなどの素材を選ぶことで、建物の印象を大きく変えることができます。
分譲住宅外観
シンプルデザイン:複雑な模様や装飾を避け、シンプルで洗練されたラインと形状にしています。装飾的なテクスチャやパターンは最小限に抑えられ、シンプルな素材を採用しています。

空間を分ける(ライツ不動産実績写真)

ライツ不動産の分譲住宅は、「空間を広く」・「屋内と屋外を繋ぐ」・「ボーダーレス」をテーマに創造しています。

空間を分ける方法でもっとも一般的な方法は、「壁、扉」を使用して空間を分ける方法です。これにより独立した部屋やエリアを作ることができ玄関、キッチン、リビング、居室、寝室、子供室など「壁、扉」によって空間を分けることが一般的です。
しかしながら、「壁、扉」で分ける必要はあるのでしょうか。
昭和時代の住宅では多くの場合、玄関・和室・台所・居間、それぞれの空間は「壁、扉」で区切られていました。これは住宅で冠婚葬祭などをおこなっていたために来客が頻繁にあったことや、親戚や知人などが宿泊する機会が多かったためです。また当時は空調設備が現代ほど発達しておらず、特に寒い時期は細かく空間を区切った方が暖房効率が良くなる為と言えます。
現代では、ライフスタイルの変化や空調設備機器等の発達もあり「壁、扉」以外の方法によって空間を分けることが可能です。
家全体が開放的で広い空間であること、屋内と屋外が自然につながること、それぞれの空間が自然に繋がるボーダーレスであること、これらをライツ不動産は「創造」しています。

「壁、扉」以外の空間の分け方について、下記に実例写真から紹介していています。
壁やパーティションの使用
色彩と段差によって、リビング・キッチン・ダイニング・書斎(勉強)コーナーを空間を分けていますが、全ての空間はボーダーレスとなっています。
家具の配置
キッチンとリビングは、パーティションにより空間が分けられています。ボーダーレスでありながらリビングからの視覚を消すことが可能となります。
カーテンやスクリーンの使用
階段を壁で囲うのではなくパーティションによって空間を分けています。これにより「光」がほどよくさしこみます。
カラーや素材の変化
段差を利用して、リビング空間を分けています。
照明の使用
ベッドを真ん中に配置することにより子供室を2室に分けることができます。建築だけでなく家具によって空間を分けることができます。
これらは一般的な方法ですが、具体的な状況やニーズに応じてさまざまな方法を組み合わせることもできます。
空間を分ける方法を選ぶ際には、デザインや機能のバランス、利便性、安全性などを考慮することが重要です。

内と外(ライツ不動産実績写真)

内と外
室内のようなバルコニーです。雨はきちんと凌ぐことができ、また外部からの視線を感じない「外」を創り出すことができます。
内と外
リビングとバルコニーがつながっています。2階でありながらリビングとバルコニーの段差をなくし、開口を広くし、内外床の素材感を統一にすることでボーダーレスとなります。
内と外
リビング横のバルコニーを広く作り、サッシを全開放型にすることで「内と外」がボーダーレスで自然に繋がります。

勉強書斎コーナー(ライツ不動産実績写真)

勉強書斎コーナー
囲まれた廊下にするのではなく、折角ある空間を有効に活用し開放的な書斎(勉強)コーナー設けることが可能です。
勉強書斎コーナー
リビング横に配置された勉強コーナーです。出入り口には壁や扉は設けず区切られた空間でありながら、開放的かつ集中できるように設計(創造)されています。
勉強書斎コーナー
壁で囲まないセカンドリングの空間です。段差を創ることにより空間は区切られており勉強や仕事だけでなく映画鑑賞・子供の創作空間となります。
勉強書斎コーナー
セカンドリビング(勉強・書斎・映画鑑賞などに利用できるコーナー)をキッチンダイニング横に配置することにより、家事をしていても家族を感じることができます。

現在販売中の物件

佐世保市 山手町 2階建 3SLDK

長崎県佐世保市山手町
/ JR佐世保線 / 佐世保駅 徒歩3000m [バス利用可] バス1分 東山手・耀光病院入口バス停 停歩1分

佐世保市 日野町 2階建 4SLDK

長崎県佐世保市日野町899-57
バス停 鹿子前入り口徒歩3分

佐世保市 山手町 2階建 3LDK

長崎県佐世保市日野町899-57
バス停 鹿子前入り口徒歩3分

ライツ不動産株式会社
ライツ不動産長崎株式会社

ライツ不動産株式会社
〒857-0064
長崎県佐世保市赤崎町1453-16
TEL.0956-28-3577
FAX.0956-28-3622

ライツ不動産長崎株式会社
〒856-0027
長崎県大村市植松3丁目857番地2
TEL.0957-46-5822
FAX.0957-46-5821
 
定休日:水曜、祝日
営業時間:9:00~17:00

1.宅地開発
2.商業地開発
3.投資用物件の構築販売
4.売買仲介・賃貸仲介
5.コインパーキング経営
6.一般賃貸管理
7.建設工事